髪質を意識しましょう

婦人

手入れはしっかりと行う

見た目の印象を決める大きなポイントとなっているのが髪型です。変えるだけで別人のように見せたり、魅力をアップさせたりなどが可能となるので、好印象を与えたいなら髪型にはこだわるべきです。ただ、年齢と共に髪質や髪の量は変化していくため、年代に応じて変えていくことをおすすめします。たとえば、40代の場合は20代や30代の頃よりも落ち着いた雰囲気が出る髪型にすると良いです。また、年齢が出やすいおでこを隠したいなら、前髪を工夫した髪型に仕上げましょう。ただ、40代は髪型だけではなく、髪質も意識することが大事です。若い頃よりもハリやツヤ低下しやすいので、髪型は似合っていたとしても髪質で魅力が落ちている可能性があります。40代が髪質をアップしたり、維持したりするためには、手入れをしっかりと行うべきです。たとえば、現在生えている髪に対しては洗髪時にトリートメントを使用することはもちろん、髪用のオイルも効果的です。パサパサしている状態は40代以上に見られる場合がありますし、髪型をセットし辛いので、髪用のオイルを使用すれば潤いある状態になります。また、これから生えてくる髪に対しては、頭皮に合うシャンプーを使用したり、頭皮にローションを塗ったりしましょう。頭皮に合うシャンプーを使用すれば、綺麗な毛穴を維持できるので元気な髪に育ちます。また、頭皮に乾燥を感じている時は、ローションを塗ることで十分に保湿されている状態を作れます。

Copyright© 2018 40代のヘアケア方法【いつまでも若々しく健康的な髪型】 All Rights Reserved.