痛みの原因を知る

ウーマン

スカルプケアを行おう

健康な髪を育てるためには頭皮が健康であることも大事です。頭皮はトラブルが起きやすい部分でもありますが、痛いと感じる場合はその原因をすることが大事です。まず、痛いと感じる原因のひとつにはヘアカラーやパーマなどの薬剤の影響が考えられます。今まで大丈夫だった薬剤でも急にアレルギーになる場合もありますので、毎回パッチテストを行っておくと安心です。それから紫外線の影響や乾燥、さらに頭皮のコリや湿疹などがある場合も痛いと感じることがあります。いずれの原因にしても頭皮に何らかのトラブルがあることには変わりありませんので、頭皮ケアをきちんと行い、良い状態を保ちましょう。パーマなどの薬剤が原因で痛い場合はそうした施術は控える、より肌に優しい薬剤を選ぶなどで対応していきたいところです。さらに夏場は特に日差しが強いので帽子や日傘の着用がおすすめです。スプレータイプの日焼け止めなら頭皮や髪にも使いやすくなっています。この他の対策としては、毎日使っているシャンプーが頭皮を乾燥させている可能性がありますので、より洗浄力がマイルドで優しいタイプに選び直すことも考えてみましょう。洗髪後は頭皮ローションも使うとよりしっとりと潤います。ドライヤーの使い過ぎも乾燥を進めることとなりますので、こちらも注意が必要です。頭皮湿疹などの疾患がある場合は、その治療を行うことで改善が期待できます。診断は皮膚科で行ってもらうことができますが、皮膚に何もトラブルが起きていない場合は実は頭痛の可能性もありますので、内科や脳神経外科を受診することもおすすめです。

Copyright© 2018 40代のヘアケア方法【いつまでも若々しく健康的な髪型】 All Rights Reserved.